2008年02月01日

ごあいさつ

こちらのブログでは、宿坊としての明王院のことを
皆様にご紹介してまいりたいと思います。

もともと、高野山の寺院の多くは、宿坊と申しまして
旅館を兼業する形の特殊な寺院様式をとっています。
これは、高野山がとくに参詣し辛い、深山幽谷の地に
位置することで、参詣者の利便の為に、古くは寺院に
「参篭」(さんろう…こもって修行などをすること)
という形で、寺院への宿泊を認めるようになったこと
に始まるといわれています。

現在では、近代的な設備を備え、むかしの参篭所の
風情とは少し異なった快適性を提供するようになって
きつつありますが、やはり一般の方には宿坊、と申し
ますと、すこし様子が違う、勝手が違うのでは…と
不安になられる場合も多いようです。

当院は残念なことに昭和30年ごろ祝融(寺院火災)に
遭ってしまい、当時の客殿の殆どを失ってしまいました。
現在の建物は、平成15年に再建された比較的新しいもの
です。本ブログを通じて、宿坊ならではの過ごし方や
お部屋・高野山の醍醐味でもある精進料理の紹介などが
出来ればと思っています。

よろしくおねがいいたします!
posted by 明王院 at 00:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
始めまして、埼玉県の薄井といいます。
また、通信トラブル対応お疲れ様でした。
さて本題です、家内と二人で白浜から高野山への旅行を考えております、高野山へは6月3日(火)に泊る旅程になるようなプランを立てていますが、その際大きな宿坊よりこじんまりとした小さな宿望のほうが良いということにな貴宿坊を検討させていただいております。
つきましては、予約状況や設備・料金などの情報を頂きけないでしょうか?
以上宜しくお願いいたします。
Posted by 薄井利題 at 2008年05月04日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10325848

この記事へのトラックバック